白内障 予防

白内障を予防するためにやっておきたいこと

白内障は一部の人が運悪く発症してしまう病気ではなく、誰にでも発症しうる病気です。また、近年は糖尿病の傾向にある方が増加傾向にあるため、それに比例して白内障を発症する方も増えてきているのだとか。

 

 

 

白内障は失明のリスクを伴いますから何としても食い止めておきたいですよね。白内障を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。

白内障の予防は誰にでも必要なもの

白内障は目の老化現象のひとつですから、誰でもなり得る病気と言えるでしょう。実際、医療があまり発達していなかった時代、白内障は歳を取れば仕方のないこととして片づけられていました。

 

 

 

しかし、様々な分野で医療技術が進歩した今、白内障には様々な種類が存在し、何が原因で白内障を起こすのかが解明されつつあります。その中でも白内障は予防をしていれば回避することの出来る病気だと分かったのは大きな進歩と言えるでしょう。

 

 

 

そもそも白内障というのはどのような病気なのでしょうか。しばしば耳にする病名ではありますが、詳しくは分からないという方が多いのではと思います。

 

 

白内障は眼球の組織のひとつである水晶体が濁る病気です。私たちの目は水晶体が集めた光を網膜に映し出すことで物を認識しています。そのため、水晶体が濁ってしまうと光を上手く集めることが出来なくなり、その結果目が見えにくくなるのです。

 

 

 

白内障を発症する理由は様々ですが、歳を取ることによって発症する「老人性白内障」が最もメジャーな白内障と言えるでしょう。

 

 

 

老人性白内障は老人性と銘打たれてはいますが、はやい人だと40代から発症する場合がありますし、50代に差し掛かると程度の差はあれどかなり多くの方が発症します。

白内障を予防するために自覚症状を知る

一度濁ってしまった水晶体は残念ながら、薬による治療では治すことが出来ません。外科手術を受けることである程度白内障の症状を緩和することが可能ですが、出来れば手術が必要になる前に予防・改善策を講じておきたいですね。

 

 

 

白内障を予防するためにまず必要なのが自覚症状を知っておくことです。初期の白内障の自覚症状をまとめてみましたのでご覧ください。

目がかすむことが増えた

 

目のかすみが増えるのは白内障の初期症状として典型的な症状です。白内障を発症することによって水晶体に濁りが出ると、光を上手く集められなくなるため、目の中で光が散乱してしまうのです。

 

 

 

最近目がかすむ頻度が多くなったという方は注意しておきましょう。

目が見えにくくなる

 

白内障によって引き起こされる視力の低下は、眼鏡やコンタクトなどの矯正器具では改善することがありません。というのも、眼鏡やコンタクトはあくまで目のピントを合わせやすくするためのものなので、水晶体が濁ることを原因とした視力の低下には対応できないのです。

 

 

 

また、白内障による視力の低下はジワジワと進行するため、注意していなければなかなか気付くことができません。実際に視力の低下を老化によるものだと勘違いしていたことで、白内障が重度のものになるまで気付かなかったというケースも多くあるようです。

紫外線

 

紫外線が身体に及ぼす悪影響は肌や髪の毛などに限ったことでは無く、水晶体にも大きなダメージを与えます。

 

 

 

基本的に白内障は歳を取ることによって発症する病気ですが、白内障が発症する年齢にはかなり個人差があります。例えばはやい人だと40歳前後から白内障の症状が出始めますが、70歳までほとんど白内障の症状が出ないという人もいるのです。

 

 

 

このように白内障の発症・進行スピードには人によって大きな差がありますが、それに加えて白内障の進み具合には生活習慣も大きな影響を与えるということが分かっています。

 

 

 

その中でも最も白内障に関係しているのが「紫外線を日常的にどれくらい浴びているか」という点です。水晶体が濁ってしまうのは水晶体を構成しているクリスタンというたんぱく質が酸化するからなのですが、日常的に紫外線を多く浴びていると酸化の速度が速まってしまいます。

白内障の予防方法

抗酸化物質を摂る

 

アンチエイジング等、主に美容方面で持て囃されている抗酸化物質は白内障の予防にも効果が期待できます

 

 

 

水晶体が濁るのは酸化を原因としていますから、抗酸化作用を持ったものを日常的に摂取しておくと酸化の速度が緩やかになるため、白内障の予防が可能なのです。

 

 

 

お勧めの食材としてはビタミンCが豊富に含まれたパプリカやレモン、アントシアニンを含むブルーベリーなどが挙げられます。これらの食材は安価に購入することが出来、白内障の予防効果が高いため、是非試してみて下さいね。

糖尿病に気を付ける

 

白内障を引き起こす最大の原因は老化によるものですが、近年糖尿病を原因として白内障を発症する方が増えています

 

 

 

糖尿病になると常に血糖値が高い状態になり、増えすぎた血中の糖が少しずつ水晶体に蓄積されます。水晶体に蓄積された糖の量が増えると、次第に水晶体が濁っていき最終的には白内障を発症させてしまうのです。

 

 

 

また、糖尿病を原因とする白内障は老人性白内障と違い若い方でも発症することがあります。それに加えて、糖尿病を発症している場合は手術が出来ない場合があるため、最悪の場合失明してしまう可能性も考えておかなければいけません。

 

 

 

そうならないために重要なのは日ごろの食習慣や生活習慣を改善し、糖尿病にならない取り組みをすることです。糖尿病になると白内障以外にも様々な合併症を引き起こしてしまうので注意しておきましょう。

紫外線対策をする

 

自覚症状の項でもご紹介しましたが、紫外線は目に大きなダメージを与える原因となります。特に長い間外仕事を続けているという方や長距離ドライバーの方などは紫外線によって白内障の進行が進んでいることが多いようです。

 

 

 

白内障を防ぐために紫外線対策をするのであれば、UVカット機能のあるサングラスやつばの大きな帽子を被るようにすると良いでしょう。仕事やプライベートで車に乗ることが多いという方はフロントガラスにUVカットコーティングをするのも良いですね。

白内障の予防にはサプリメントも効果的!

白内障の予防には抗酸化物質の摂取・糖尿病対策・紫外線対策が有効だとご紹介しましたが、それに加えてサプリメントによる予防もまた白内障対策として効果が期待できます

 

 

 

日本ではまだあまりメジャーな対策方法ではありませんが、遺伝的な原因により白内障の患者数が多いアメリカ・ヨーロッパではサプリメントによる白内障の治療が近年注目されているようです。

 

 

白内障を予防するためのサプリメントを購入する際は成分表を良く見るようにしましょう。白内障予防のためのサプリメントには様々な種類がありますが、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質に加えてルテインやアントシアニンなどが含まれているものは予防効果が期待できます。

 

 

 

特にルテインは日常的に摂ることで重度に悪化した白内障が大幅に改善したという報告もあるため、白内障予防にはうってつけの成分と言えます。

 

 

しかし、サプリメントを飲んでいるからと言って油断してはいけません。重ねてになりますが白内障の発症・進行スピードには大きな個人差があるため、サプリメントを摂取するだけでは不十分な可能性があります

 

 

 

なので、白内障予防のサプリメントを飲む際は同時に他の白内障予防も実践しておくようにしましょう。

まとめ

白内障は誰にでも起こるポピュラーな病気ではありますが、悪化すると失明することもある恐ろしい病気です。また、症状の進み具合は人によって異なるため早い人だと40代後半で視力がかなり落ちてしまうこともあります。

 

 

 

そんな恐ろしい白内障を予防するには、早期発見と徹底的な対策をするのが重要です。前述した自覚症状が出ていないかを日々確認しつつ、白内障対策を怠らないようにして下さいね。

 

白内障サプリランキング